○佐伯市交通安全指導隊設置条例

平成17年3月3日

条例第22号

(設置)

第1条 市内の交通安全を保持するため、市に交通安全指導隊(以下「指導隊」という。)を置く。

2 指導隊は、次条の交通安全指導隊隊員(以下「隊員」という。)全員をもって構成する。

(委嘱)

第2条 隊員は120人以内とし、市長が委嘱する。

2 隊員は、非常勤とする。

(編成)

第3条 指導隊は、次に掲げる区分に応じて編成し、交通指導隊長、交通指導隊副隊長及び交通指導隊班長は、交通指導隊員の互選とする。

(1) 交通指導隊長

(2) 交通指導隊副隊長

(3) 交通指導隊班長

(4) 交通指導隊員

(交通指導隊長等の職務権限)

第4条 交通指導隊長は、指導隊の業務を統轄し、隊員を指揮監督する。

2 交通指導隊副隊長は、交通指導隊長を補佐し、交通指導隊長に事故があるときは交通指導隊長の職務を代行する。

3 交通指導隊班長は、班員を指揮監督する。

(職務)

第5条 隊員の職務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 園児及び児童・生徒の安全な誘導及び通行の保護

(2) 歩行者、車両等に対する交通指導

(3) 前2号に掲げるもののほか、交通安全の指導及び交通環境の整備に関する助言

(4) 前3号に掲げるもののほか、佐伯警察署長の要請に基づいて行う交通安全指導又は緊急事態発生時における街頭交通指導で市長が指示したもの

(任期)

第6条 隊員の任期は2年とし、再任を妨げない。

(配置)

第7条 隊員の配置は、関係機関と協議して市長が定めるものとする。

(研修)

第8条 隊員は、関係法令又は必要な実技について習得するものとする。

(隊員証)

第9条 市長は、隊員を委嘱したときはその身分を証明する隊員証を交付するものとする。

(庶務)

第10条 指導隊に関する庶務は、総務部総務課において処理する。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、指導隊の運営に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月3日から施行する。

(経過措置)

2 平成17年3月31日までに支給すべき隊員の報酬額は、それぞれ合併前の佐伯市、本匠村、宇目町、直川村、米水津村又は蒲江町で支給する額によるものとする。

佐伯市交通安全指導隊設置条例

平成17年3月3日 条例第22号

(平成17年3月3日施行)