○佐伯市交通安全指導隊員被服等貸与規程

平成17年3月3日

訓令第26号

(趣旨)

第1条 この訓令は、佐伯市交通安全指導隊員(以下「隊員」という。)に対する被服等の貸与に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸与の範囲)

第2条 被服等の貸与を受ける隊員(以下「被服等被貸与者」という。)は、佐伯市交通安全指導隊設置条例(平成17年佐伯市条例第22号)第2条に規定する隊員全員とする。

(基準)

第3条 貸与する被服等(以下「被服等」という。)の品名、数量及び耐用月(年)は、別表のとおりとする。

2 各被服等の価格は、時価とし、予算措置をし、現品を貸与する。

3 耐用月(年)数は、次の基準による実使用月数の合計とする。

(1) 制服(冬) 使用期間10月~翌年3月の6か月間

(2) 制服(夏) 使用期間6月~8月の3か月間

(3) 制服(合) 使用期間4月、5月及び9月の3か月間

4 前項各号に掲げる以外の被服等については、貸与の日からの経過日数とする。

5 次条及び第5条の規定にかかわらず、次に掲げる被服等については、退職の場合は返還するものとする。

(1) 帽子(帽章付)

(2) 交通腕章

(3) 交通指導隊員記章

(4) 非常信号灯

6 耐用月(年)数経過以前であっても、本人の故意、過失等によらない損傷等により被服等が使用に耐えなくなった場合は、新たに貸与することができる。この場合において、貸与月(年)数は、その日から起算する。

(貸与中の特例)

第4条 被服等は、被服等被貸与者が貸与中に退職したときは、無償で払い下げることができる。

(払下げ)

第5条 耐用月(年)数を経過した被服等は、被服等被貸与者に無償で払い下げることができる。

(着用義務)

第6条 被服等被貸与者は、勤務中被服等を着用しなければならない。

(保管義務)

第7条 被服等被貸与者は、常に被服等を善良に管理し、汚損し、又は破損した場合は、洗濯、補修等をしなければならない。

附 則

この訓令は、平成17年3月3日から施行する。

別表(第3条関係)

品名

数量

耐用月(年)

制服(冬)

1組

24か月

 〃(合)

1組

24か月

 〃(夏)

2組

24か月

外とう

1着

60か月

帽子(帽章付)

1個

永年

白手袋

1足

3か月

警笛(モール付)

1個

12か月

白帯

1個

24か月

白マフラー

1枚

24か月

交通腕章

2個

永年

ネクタイ

1本

12か月

雨衣

1着

48か月

交通指導隊員記章

2個

永年

非常信号灯

1個

36か月

佐伯市交通安全指導隊員被服等貸与規程

平成17年3月3日 訓令第26号

(平成17年3月3日施行)

体系情報
第3編 行政通則/第1章 市長部局/第10節 交通対策
沿革情報
平成17年3月3日 訓令第26号