○佐伯市職員定数条例

平成17年3月3日

条例第38号

(趣旨)

第1条 この条例は、議会、市長、選挙管理委員会、監査委員、教育委員会及び教育機関、農業委員会、消防並びに水道事業の事務部局等に勤務する一般職に属する職員(臨時又は非常勤の職員を除く。以下「職員」という。)の定数に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員の定数)

第2条 職員の定数は、次に掲げるとおりとする。

(1) 議会の事務部局の職員 10人

(2) 市長の事務部局の職員 780人

(3) 選挙管理委員会の事務部局の職員 7人

(4) 監査委員の事務部局の職員 5人

(5) 教育委員会の事務部局及び教育機関の職員 120人

(6) 農業委員会の事務部局の職員 7人

(7) 消防職員 125人

(8) 水道事業管理者の事務部局の職員 40人

(定数の配分)

第3条 前条各号に掲げる職員の定数の当該事務部局等内の配分は、それぞれ任命権者が定める。

附 則

この条例は、平成17年3月3日から施行する。

附 則(平成19年6月29日条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月31日条例第2号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。ただし、第2条第8号の改正規定(「事務部局」の次に「の職員」を加える部分に限る。)は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月31日条例第24号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条第1項の場合においては、この条例による改正後のそれぞれの条例の規定は適用せず、この条例による改正前のそれぞれの条例の規定は、なおその効力を有する。

佐伯市職員定数条例

平成17年3月3日 条例第38号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成17年3月3日 条例第38号
平成19年6月29日 条例第33号
平成22年3月31日 条例第2号
平成27年3月31日 条例第24号