○佐伯市の設置に伴う失効前の鶴見町奨学資金の貸与に関する規則等の経過措置を定める規則

平成17年3月3日

規則第79号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐伯市の設置により失効する鶴見町奨学資金の貸与に関する規則(昭和56年鶴見町規則第7号。以下「失効前の奨学資金規則」という。)及び鶴見町福祉資金の貸与に関する規則(昭和56年鶴見町規則第8号。以下「失効前の福祉資金規則」という。)(以下これらを総称して「失効前の規則」という。)に規定する鶴見町福祉資金の貸付金(以下「貸付金」という。)の経過措置を定めるものとする。

(貸付けの申請に関する経過措置)

第2条 平成17年3月2日以前に貸付金の貸付けを申請し、その決定を受けた者は、なお失効前の規則の規定により貸付けを行うものとする。

(貸付金の償還に関する経過措置)

第3条 平成17年3月2日以前に失効前の規則の規定により貸し付けられた貸付金のうち、同日までに償還を完了していないものについては、その償還が完了するまでの間、失効前の奨学資金規則の関係規定及び失効前の福祉資金規則の関係規定は、平成17年3月3日以後においても、なおその効力を有するものとする。

附 則

この規則は、平成17年3月3日から施行する。

佐伯市の設置に伴う失効前の鶴見町奨学資金の貸与に関する規則等の経過措置を定める規則

平成17年3月3日 規則第79号

(平成17年3月3日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成17年3月3日 規則第79号