○佐伯市道の駅やよい条例施行規則

平成18年3月29日

規則第32号

(趣旨)

第1条 この規則は、佐伯市道の駅やよい条例(平成17年佐伯市条例第288号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の許可の申請)

第2条 条例第8条第1項の規定により佐伯市道の駅やよい(以下「道の駅」という。)の利用の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、道の駅やよい利用許可(変更)申請書(様式第1号次項において「申請書」という。)を指定管理者に提出しなければならない。許可に係る事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、弥生河川資料館及び弥生健康リフレッシュ館の利用の許可の申請にあっては、申請書の提出を省略させることができる。

3 第1項に規定する利用の許可の申請の受付期間は、利用しようとする日の7日前から利用しようとする日までとする。

(利用許可書の交付)

第3条 指定管理者は、道の駅の利用を許可したときは、道の駅やよい利用許可(変更許可)書(様式第2号次項において「許可書」という。)を申請者に交付するものとする。

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、許可書の交付を省略することができる。この場合において、指定管理者は、許可した旨を申請者に対して口頭で伝えるものとする。

(利用料金の減免の申請)

第4条 条例第13条の規定により利用料金の減額又は免除を受けようとする者は、道の駅やよい利用料金減額・免除承認申請書(様式第3号)を指定管理者に提出しなければならない。

2 指定管理者は、前項の申請を承認したときは、道の駅やよい利用料金減額・免除通知書(様式第4号)を交付する。

(利用料金の還付の申請)

第5条 条例第14条ただし書の規定により利用料金の還付を受けようとする者は、道の駅やよい利用料金還付申請書(様式第5号)を指定管理者に提出しなければならない。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

佐伯市道の駅やよい条例施行規則

平成18年3月29日 規則第32号

(平成18年4月1日施行)