○佐伯市作業道舗装用生コンクリート支給要綱

平成20年5月12日

告示第82号

(目的)

第1条 この告示は、山林の機能維持と林業の経営基盤の確立を図るため、山林作業道の舗装に要する生コンクリートを予算の範囲内において支給することに関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(支給対象事業)

第2条 山林作業道の舗装に要する生コンクリートの支給の対象となる事業(以下「支給対象事業」という。)は、幅員がおおむね3メートル以上の市内の山林作業道の舗装事業であって、原則として、同年度においてこの告示による生コンクリートの支給を受けていない路線の舗装事業とする。

(支給の量)

第3条 支給対象事業に要する生コンクリート(本市内に本店又は支店を有する生コンクリート製造業を営む者から納入された生コンクリートをいう。以下単に「生コンクリート」という。)の支給の量は、30立方メートルを限度とする。

(支給の申請)

第4条 生コンクリートの支給を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、佐伯市作業道舗装用生コンクリート支給申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 前項に規定する申請の回数は、各年度につき1人当たり1回を限度とする。

(支給決定の通知)

第5条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査のうえ、生コンクリートの支給の適否を決定し、佐伯市作業道舗装用生コンクリート支給決定通知書(様式第2号)又は佐伯市作業道舗装用生コンクリート不支給決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(事業の着手)

第6条 前条の規定による生コンクリートの支給決定通知を受けた者(以下「支給対象事業者」という。)は、当該支給決定通知を受けた日から30日以内に支給対象事業に着手しなければならない。

(完了報告)

第7条 支給対象事業者は、支給対象事業が完了したときは、佐伯市作業道舗装用生コンクリート支給対象事業完了報告書兼実績報告書(様式第4号)に次に掲げる書類を添えて、支給対象事業の完了の日から15日以内に市長に提出しなければならない。

(1) 生コンクリート納入業者が発行した納品書の写し

(2) 着工前の写真

(3) 完成写真

(支払)

第8条 市長は、前条の規定による完了報告書兼実績報告書を受理した場合は、その内容を審査し、適正と認めたときは、前条の生コンクリート納入業者に当該生コンクリートの代金の支払をするものとする。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公示の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

佐伯市作業道舗装用生コンクリート支給要綱

平成20年5月12日 告示第82号

(平成20年5月12日施行)