○佐伯市防犯灯設置費等補助金交付要綱

平成30年3月30日

告示第40号

(趣旨)

第1条 この告示は、住民の防犯意識を高め、夜間の犯罪、事故等を未然に防止することを目的として、防犯灯の設置、取替え又は維持管理を行う地区等に対し、予算の範囲内において佐伯市防犯灯設置費等補助金(以下「補助金」という。)を交付することについて、佐伯市補助金等交付規則(平成17年佐伯市規則第56号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において、防犯灯とは、次の各号のいずれにも該当するものをいう。

(1) 地区又は複数の地区で構成する団体(以下「地区等」という。)が設置するものであること。

(2) 電力会社と街路灯に特化した契約(以下「公衆街路灯契約」という。)をしていること。

(3) 電柱(電線又は電話線を支持する柱をいう。)、小柱(地区等が防犯灯を設置する目的のために設置した柱をいう。)その他適切な箇所に設置された電灯であること。

(4) 道路以外の敷地、広告物、看板、案内板等の照明を目的とするものではないこと。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付の対象となるもの(以下「補助対象者」という。)は、地区等とする。

(補助金の額)

第4条 地区等が新たに防犯灯(LEDの照明灯に限る。)を設置する場合の補助金の額は、その設置に係る工事費用(公衆街路灯契約に係る諸経費を含む。以下同じ。)に相当する額(その額に1,000円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てた額)とし、1灯当たり26,000円を限度とする。

2 地区等が既設の防犯灯をLEDの照明灯以外の照明灯からLEDの照明灯に取り替える場合の補助金の額は、その取替えに係る工事費用(公衆街路灯契約に係る諸経費を含む。以下同じ。)の2分の1に相当する額(その額に1,000円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てた額)とし、1灯当たり13,000円を限度とする。

3 離島の地区等が行う前2項の設置又は取替えに対する補助金の額については、それぞれの補助金の額の合計に1回の船舶往復使用料相当額(ただし、5,000円を限度とする。)を加算することができる。

4 地区等が防犯灯の維持管理を行う場合の補助金の額は、1灯当たり年額500円を限度とする。

(交付の申請及び請求)

第5条 前条第1項から第3項までの補助金の交付を受けようとする補助対象者は、佐伯市防犯灯設置費等補助金交付申請書兼請求書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 設置又は取替えに係る工事費用の内訳書及び領収書の写し

(2) 電力会社へ提出した公衆街路灯契約の申込書類の写し

(3) その他市長が必要と認める書類

2 前条第4項の補助金の交付を受けようとする補助対象者は、佐伯市防犯灯維持管理費補助金交付申請書兼請求書(様式第2号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 電力会社が発行する公衆街路灯契約に係る直近の領収書の写し

(2) その他市長が必要と認める書類

3 前2項の規定による申請及び請求の回数は、各年度につき各地区等当たりそれぞれ1回を限度とする。

(交付の決定及び交付の額の確定の通知並びに交付)

第6条 市長は、前条の規定による補助金の交付の申請及び請求があったときは、その内容を審査の上、補助金の交付の適否を決定し、佐伯市防犯灯設置費等補助金交付決定及び交付額の確定通知書(様式第3号)又は佐伯市防犯灯設置費等補助金不交付決定通知書(様式第4号)により補助対象者に通知するとともに、当該補助対象者(交付決定の通知を受けた地区等に限る。)に対し補助金を交付するものとする。

(その他)

第7条 この告示に定めるものほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

佐伯市防犯灯設置費等補助金交付要綱

平成30年3月30日 告示第40号

(平成30年4月1日施行)