佐伯市中心市街地のまちづくり
TOPページ > 各地区の取り組み > 大手前周辺地区 > 大手前地区 サイトマップ
はじめにへ
ニュースへ
各地区の取り組みページへ
大手前周辺地区
大手前地区
船頭町地区
新屋敷地区
仲町周辺地区
仲町通り
新町通り
土井町通り
山際周辺地区
まちづくり基本構想
街なみ環境整備事業
旧山中邸跡地整備
佐伯駅前・港地区
佐伯駅前地区
港地区
活動報告へ
用語集へ
リンク集へ
各地区の取り組み
 これまで大手前地区は旧寿屋を中心に、佐伯市の顔として大きなにぎわいを見せておりました。
しかし近年の不景気や、高齢化、郊外への大型店の進出等の影響から徐々に人通りが減少していきました。

 そして、平成14年2月に大手スーパー寿屋が倒産・閉店以来、さらに商店街の人通りが少なくなり、商店数が減少し、中心市街地の空洞化が進んでおります。

 これまで、旧寿屋を中心とした大手前地区の活性化計画を多くの方々と検討してきましたが、その計画の核であった旧寿屋が倒産・閉店したことや、社会情勢の変化などにより、以前の計画を推し進めることは困難となり、計画の見直しを余儀なくされました。

 その後、平成17年2月に佐伯市土地開発公社が寿屋解体後の土地を取得し、新佐伯市での大手前地区のまちづくりの新たな一歩を踏み出しました。


 そこで、大手前地区のまちづくりについて再度計画を作るため、「中心市街地まちづくり活動メンバー」が大手前地区のまち歩き、ワークショップを行い、たたき台となる基本構想案を作成し、その後、「中心市街地まちづくり活動メンバー」の代表と地元住民、関係者による「大手前開発検討部会」をたち上げ、さらに検討を行いました。

 その結果、まちづくり協議会では基本構想案4案(コミュニティー型核店舗案、まちの駅+まちづくり活動センター案、市民文化センター案、市庁舎案)を報告しております。


 その後、この大手前開発計画構想案4案に、地元協議会(中心市街地活性化推進協議会)からの提案を受け、構想案の絞込み作業を行い、平成21年度に基本構想を策定し、事業実施に向けて地元権利者により平成22年4月1日に「佐伯市大手前地区市街地再開発準備組合」が発足し、4月16日に事務所(旧井上かばん店)開きを行いました。

 事業は、平成22年度から平成26年度の5か年で実施を行う予定で、現在は基本構想を基本計画へとレベルアップをしている段階です。


 大手前再開発NEWS 〜夢通信〜 vol.1(H22.9発行)


▼昼間の大手前商店街
▼まち歩きの様子

▼解体後の旧寿屋跡地


▼大手前開発検討部会の様子
▼大手前開発基本構想パース

▼準備組合事務所開き
【お問い合わせ先】佐伯市役所 地域振興部 まちづくり推進課 まちづくり推進係(本庁舎2階)
         〒876-8585 大分県佐伯市中村南町1番1号 TEL:0972-22-4203 FAX:0972-22-0025