佐伯市中心市街地のまちづくり
TOPページ > 各地区の取り組み > 山際周辺地区 > まちづくり基本構想 サイトマップ
はじめにへ
ニュースへ
各地区の取り組みページへ
大手前周辺地区
大手前地区
船頭町地区
新屋敷地区
仲町周辺地区
仲町通り
新町通り
土井町通り
山際周辺地区
まちづくり基本構想
街なみ環境整備事業
旧山中邸跡地整備
 
駅前・港周辺地区
佐伯駅前地区
港地区
 
活動報告へ
用語集へ
リンク集へ
各地区の取り組み
■ はじめに 〜構想立案の背景と方法〜
● 山際周辺地区に関する歴史的環境保全地区としての取り組み
1981年(昭和56年) 佐伯市歴史的環境保存条例の制定
1985年(昭和60年) 山際地区を保存地区に指定し、条例の適用を開始
● 山際周辺地区を含む中心市街地活性化への取り組み
2000年(平成12)8月 佐伯市中心市街地活性化基本計画を国へ提出
2002(平成14)年度 佐伯市まちづくり総合支援事業 事業計画策定
2003(平成15)年度 佐伯市まちづくり総合支援事業 実施初年度
2004(平成16)年度 まちづくり交付金事業 実施初年度

* 以下次の様に呼称します。
・まちづくり総合支援事業 → 「まち総」
・まちづくり交付金 → 「まち交」
平成14年度に、「まち総」立案のための地元の協議機関として山際周辺地区、仲町周辺地区、大手前周辺地区の各地区ごとのまちづくり協議会および3地区全体のまちづくり協議会が設けられ、現在に至っている。

そのような背景のもとに、山際周辺地区は歴史的環境の保存という当地区固有のテーマのもとに個々の施設整備を行っていくことが求められ、また土塀や門の修復で緊急を要する箇所もあることから、これまでの制度と合わせて街並み環境整備事業(「街環」)の適用を図るために全体の整備指針となる基本構想を早急に立案することが必要となった。
立案の方法としては、地区内外の有識者からなる検討作業部会で素案を作成し、地元協議会で意向調整を図る、という手順をとった。平成16年7月から4回の検討作業部会を開いて「タタキ台」を作成、その案を同年11月の山際周辺地区まちづくり協議会で審議、調整を図った後、佐伯市関係各課で実現性等の検討を加えたものがここに提案する構想案である。
▲第2回検討作業部会の様子
▲第1回地区協議会の様子
<< 前へ  1 > 2 > 3 > 4  次へ >>

【お問い合わせ先】佐伯市役所 地域振興部 まちづくり推進課 まちづくり推進係(本庁舎2階)
         〒876-8585 大分県佐伯市中村南町1番1号 TEL:0972-22-4203 FAX:0972-22-0025