佐伯市公式ホームページ Saiki-city official web site
大分県佐伯市ホームページ
トップページへ 市役所の案内へ 暮らしの便利帳へ お知らせへ 市政ガイドへ
ホーム > 暮らしの便利帳 > 環境衛生 文字を大きくするにはサイトマップ
暮らしの便利帳
妊娠・出生
育児
教育
結婚
引越・転居
死亡
各種証明・届け出
税金について
健康診断など
国民健康保険
国民年金
福祉・介護
ごみ
上下水道
環境・衛生
住宅・建築
環境・衛生
 
 
 
 
騒音規制法・振動規制法・悪臭防止法に関する事務
 
 これまで大分県が行ってきた騒音・振動・悪臭を規制する地域を定める事務などが、平成23年4月1日から市の事務となりました。
 規制地域については、変更しています。詳細は、環境対策課でご確認ください。

●騒音規制法・振動規制法関係

 規制基準や各種届出など、詳細はこちらをご覧ください。
※騒音や振動の規制地域や、騒音の環境基準の図面については、下記のページをご覧ください。
 大分県ホームページ(佐伯市の騒音規制地域)

 大分県ホームページ(佐伯市の振動規制地域)

 大分県ホームページ(佐伯市の騒音環境基準)   

悪臭防止法関係
 規制地域・規制基準についてはこちらをご覧ください。
※具体的な規制地域の図面は、下記のページをご覧ください。
 大分県ホームページ(佐伯市の悪臭規制地域)

問い合わせ》
佐伯市 市民生活部 環境対策課 環境保全係
〒876-8585 大分県佐伯市中村南町1番1号(市役所本庁舎3階)
電話番号:0972-22-3956(直通)
ファックス:0972-22-3477
メールアドレス:kankyo@city.saiki.lg.jp

さいき903エコマイスターを派遣します
 
                                         
 
 さいき903エコマイスター派遣制度は、身近な自然環境から温暖化などの地球
環境のことまで、環境に関する学習をしたいという方達に利用していただくための
制度です。
 
 
さいき903エコマイスター派遣制度
 
 
 《さいき903エコマイスター》の派遣制度実施要綱や、登録に必要な書類はこちらから↓
実施要綱 
登録申請書(個人登録用)
登録申請書(個人登録用)
登録申請書(個人登録用)
登録申請書(団体登録用)
派遣制度実施要綱
 
さいき903エコマイスターの募集について
 
 《さいき903エコマイスター》とは、環境に関する知識、経験、技能を有する人に
さいき903エコマイスター》として登録していただき、地区、学校などが開催する
環境学習会の場で、講義、講演を行っていただくものです。
  
 《さいき903エコマイスター》を派遣する学習会には、城山に住む生物などの身近な自然環境、古布を使ったわらじ作りなどの廃材の再利用、地球温暖化などの地球環境問題まで、幅広く講師をしていただける人材を求めています。
 以下は、項目と環境学習会の例です。
 
自然環境 項目 希少な動植物の保護、自然環境の保全・活用、自然との触れ合い等に関すること。
城山に住む生物・番匠川の魚・ブラックバス(外来生物)の生態など
生活環境 項目 大気・水・土壌環境、公害、3R、不法投棄等に関すること。
番匠川の水質・佐伯市の公害の歴史・廃棄物の再資源化など
快適環境 項目 環境美化活動又は水辺、快適な町並み、里地・里山若しくは農村・漁村景観の
保全・活用に関すること。
歴史的資源の保全と活用に関すること。
地域文化の保全と活用に関すること。
グリーンツーリズム・ブルーツーリズムなど
地球環境 項目 省エネルギー、新エネルギー等の地球温暖化対策に関すること。
フロン、酸性雨等の地球環境の保全に関すること。
台所でできるエコ・廃油キャンドルの作り方・グリーンカーテンの育て方など
 
 《さいき903エコマイスター》の派遣制度実施要綱や、登録に必要な書類はこちらから↓
実施要綱 
登録申請書(個人登録用)
登録申請書(個人登録用)
登録申請書(個人登録用)
登録申請書(団体登録用)
派遣制度実施要綱
 
 《お問い合わせ・申込先》
市民生活部 環境対策課 環境企画係
TEL:22-3995
FAX:22-3477
Emai:seikstsuka@city.saiki.lg.jp
 
 
 
飼い犬登録・狂犬病予防注射
環境対策課(電話0972-22-3956)または各振興局 市民サービス課
犬の飼い主は、狂犬病予防法により、生涯1回の飼い犬登録毎年1回の狂犬病予防注射の接種及び注射済票の交付を受けることが義務付けられています。
近年、国内で狂犬病は発生していませんが、この病気はすべての動物に感染し、感染すると100%死亡する恐ろしい病気です。大切な飼い犬とみなさんの快適な生活のために、必ず飼い犬登録と狂犬病予防注射の接種をしましょう。


平成28年度集合注射日程


●登録と注射の時期
登   録:犬を取得した日(生後90日以内の犬は、90日を経過した日)から30日以内に、市の窓口で申請することが義務付けられています。また、注射の会場でも登録の申請ができます。
予防注射:毎年4~5月の間、各地区に会場を設けて行っています。また、市内の動物病院でも飼い犬登録と予防注射の接種ができます。



●登録と注射ができる病院
病院名 住所 電話番号
ココロアニマルクリニック 佐伯市城南町15-18 0972-23-3838
広瀬動物病院 佐伯市鶴岡町2丁目7-28 0972-22-0757

●手数料
登録手数料 3000円
注射済票交付手数料 550円
注射料金 2,520円

~こんな時には30日以内に届出が必要~
  • 引っ越ししたとき:引っ越しをすると、人の住民票と同じように飼い犬の登録内容(住所や所在地)も変わってしまうので、引っ越し先の市町村窓口に登録事項変更届を出しましょう。
    市内から市内への引っ越しの場合も同様に届出をしましょう。
  • 飼い主が変わったとき:新しく飼い主になった人が、窓口に登録事項変更届を出しましょう。
  • 飼い犬が死亡したとき:窓口に死亡届を出しましょう。
飼い犬の不妊手術及び精巣手術への助成
環境対策課(電話0972-22-3956)または各振興局 市民サービス課
飼い犬の不妊手術及び精巣手術を受ける飼い主の方に助成を行っています。

●助成条件
  1. 佐伯市に飼い犬登録を行っていること
  2. 手術予定日が、直近の狂犬病予防注射接種日から1年を経過していないこと。
●助成で手術が受けられる病院
病院名 住所 電話番号
ココロアニマルクリニック 佐伯市城南町15-18 0972-23-3838
広瀬動物病院 佐伯市鶴岡町2丁目7-28 0972-22-0757
犬の保護収容情報

※保護収容情報(1件)
収 容
年月日
保 護
(収容場所)
種類 推定
年齢
毛色 性別 抑留期限 備考
H28.9.27 上浦
3

H28.10.5
※革の首輪




*抑留(収容)期間中に犬の飼主や飼養者から申し出のない場合は、「狂犬病予防法」第6条に基づき、処分となってしまうことがあります。お心当たりの方は早急に南部保健所へお問い合わせください。
*飼い犬が行方不明になった時のためにも、首輪に鑑札、注射済票、連絡先等を着けるようにしてください。

飼い犬の登録と狂犬病予防注射の接種は、狂犬病予防法により飼い主に義務づけられています。必ず、実行してください。


《問い合わせ先》  
佐伯市向島1丁目4番1号
南部保健所  衛生課 生活衛生・環境班
TEL 0972-22-0562
FAX 0972-25-0206

大分県南部保健所では、新しく犬の飼い主になっていただける方を探しています。
詳しい犬の情報は大分県南部保健所ホームページをご覧下さい。


       

「佐伯市埋立て等規制条例」について
佐伯市では平成18年4月1日から土壌汚染や災害の発生を防ぐ目的で「佐伯市埋立て等規制条例」が施行されました。
●条例制定の背景
県内外において、工場跡地などでの土壌汚染の発生、大規模な埋め立て地での土砂崩れ等の災害の発生など様々な問題が発生しているなか、佐伯市内においても、県外土砂を使用した土地の埋立て等が行われ、その安全性に対し、住民不安の声が高まり、土壌汚染や災害の発生を防ぐ目的で、条例による規制が必要となりました。

●埋立て等の事前届出
県外で発生した土砂等(以下:県外土砂等)を使用して、500平方メートル以上の土地を埋め立てる場合、又は、埋立て等に使用する県外土砂等の量が500立方メートル以上の場合は届出が必要となります。
また、複数の土地において県外土砂を用いて埋立て等を行う場合、それらの土地の総面積が500平方メートル以上、又は、使用する県外土砂等の総体積が500立方メートル以上となる場合も届出が必要となります。
しかし、平成18年11月1日からは、同日から施行された「大分県土砂等のたい積行為の規制に関する条例(以下:県条例)」に基づき大分県知事の許可が必要な埋立て等については、佐伯市埋立て等規制条例による規制ではなく、県条例による規制を受けることとなります。

●届出の要領

届出義務者 埋め立てる土地を所有している人、又は借りている人等
届出の内容
  • 土地の所在地、面積、所有者
  • 目的、種別
  • 施工方法の概要
  • 施工期間
  • 工事施工者
  • 埋立て等に用いる土砂等の採取場所、種類(証明書が必要)
  • 埋立て等に用いる土砂等の分析結果(地質分析結果証明書)
  • 周辺住民への事前説明会等報告書
審査等 届出内容の審査等は市が行います。問題がなければ届出書の提出から10日を過ぎれば埋立て等に着手できます。問題があれば、市が計画の変更または中止を命じることがあります。

●罰則等
必要な届出を行わない場合や、市の命令等に従わない場合には、違反事実を公表することがあるほか、懲役、または罰金の罰則を受ける場合があります。
●大分県土砂等のたい積行為の規制に関する条例についてのお問い合わせ先
     南部保健所 衛生課 ℡:22-0562


 
 
「佐伯市地球温暖化対策実行計画」
 佐伯市は、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき、次のとおり「佐伯市地球温暖化対策実行計画」を策定しています。この計画は、市の行政の事務・事業活動に伴い排出される温室効果ガスの発生を抑制するため、公共施設の省エネルギーや省資源等の取組に努め、地球温暖化対策の推進を図ることを目的としたものです。詳細は以下をご覧ください。

【〈現行計画〉佐伯市地球温暖化対策実行計画(第2期)(平成24~28年度)】
※計画の対象範囲:旧計画では「市の主要な直営・直轄施設」に限定していましたが、現行計画では「市が管理または設置する全ての施設」に変更(拡大)しています。

【〈旧計画〉佐伯市地球温暖化対策実行計画(平成19~23年度)】

    平成26年度 温室効果ガスの活動区分ごとの二酸化炭素換算排出量 
    平成26年度 個別設定項目区分ごとのCO2換算排出量の経年実績  
 
 
 
 
さいき903エコプラン」(佐伯市環境基本計画【改定】)
 
 九州で一番広い面積を持つ佐伯市は、山、川、海に囲まれた多様で豊かな自然に恵まれています。この豊かな自然を次の世代へ引き継ぎ、自然と共生した快適なまちづくりを行うため、本市では、市民・事業者・行政が一体となって推進する環境施策の指針を定めた「さいき903エコプラン」(佐伯市環境基本計画)を平成20年3月に策定し、その着実な実施を図ってきました。本計画も策定から5年を迎えるにあたり、佐伯市総合計画後期基本計画の策定や、国内外の環境問題、環境施策の変化に対応するため、計画の改定を行いました。
 「身近にできる小さな事から」をキーワードに各種施策に取り組んでいきますので、引き続き市民・事業者の皆様の御協力をお願いします。

※「さいき903エコプラン」とは、903k㎡という九州一の広さを誇る佐伯市において、合併したつの地域が、輪()になり、市民、事業者、行政の者が一体となって、環境問題に取り組んでいくという思いを表しています。
 
 
「さいき903エコレポート」
 
「さいき903エコレポート(平成26年度版佐伯市環境白書)」を作成しました
「さいき903エコレポート」は、平成25年度の佐伯市環境基本計画実行計画の取組状況を中心に、本市の自然環境の状況、水質、公害、地球温暖化対策等に関する情報をまとめたものです。年に一度作成し、公表しています。
 


さいき903エコレポート(平成27年度版佐伯市環境白書

さいき903エコレポート(平成26年度版佐伯市環境白書)

さいき903エコレポート(平成25年度版佐伯市環境白書)

さいき903エコレポート(平成23年度版佐伯市環境白書)

さいき903エコレポート(平成22年度版佐伯市環境白書)

さいき903エコレポート(平成21年度版佐伯市環境白書)


          
※「さいき903エコレポート」は、作成当初の平成21年度版から平成23年度版まで、掲載内容の実施年度を表題の年度としていましたが、平成25年度発行分から発行年度を表題の年度とするよう変更いたしました。したがって、平成24年度の実施内容は「平成25年度版」に掲載していますので、「平成24年度版」は存在しません。
 
佐伯市バイオマスタウン構想
 
 地球温暖化の防止や循環型社会の形成、新たな産業や雇用の創出による地域活性化等の観点から、平成20年度、「佐伯市バイオマスタウン構想」を策定しましたので、下記のとおり公表します。
 なお、「佐伯市バイオマスタウン構想」は、バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議(1府6省・内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省で構成)において基準に合致しているか内容の検討がされ、平成21年2月27日付けで農林水産省(同推進会議事務局担当)から公表されました。
  
■ 佐伯市バイオマスタウン構想(PDF/698KB)
 
≪お問い合わせ先≫
佐伯市役所 市民生活部 環境対策課
TEL:22‐3995 FAX:22-3477
 
  
バイオマス産業都市構想
佐伯市は、平成26年11月に「バイオマス産業都市」の認定を受けました。
「バイオマス産業都市」とは、地域のバイオマスの原料生産から収集・運搬、製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、地域のバイオマスを活用した産業創出と地域循環型のエネルギーの強化により、地域の特色を活かしたバイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指す地域であり、平成25年度から、関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)が共同でバイオマス産業都市の構築を推進しています。
バイオマス産業都市の認定を受けた地域は、構想の実現に向けて、各府省の施策の活用、各種制度・規制面での相談・助言などを含めた支援が受けられます。

佐伯市バイオマス産業都市構想は、これまでの佐伯市バイオマスタウン構想をより発展させ、産業化の観点から推進していくという内容です。産業化の可能性が高いバイオマスについては、従来の「単にバイオマスを利用すること」から「エネルギーの産業化」、「エネルギーの地産地消化の推進」への方向転換を図ることを目標としています。また、環境に優しく災害にも強い地域づくりを進めるとともに、新しい地域産業となるクリーンエネルギー産業を創出し、併せて雇用機会を生み出すことを目指しています。

≪お問い合わせ先≫
佐伯市役所 企画商工観光部 商工振興課
TEL:22‐4597 FAX:22-0025
 
 
花のあるまちづくり事業 【後期分】
 
市では、花のあるまちづくりを通してうるおいのあるまちづくり、地域コミュニティの推進を図ることを目的に、花の苗とプランターを支給します。
 
 
申請資格 市内を活動の拠点とする団体
(例:自治会、商店街、事業者等で2人以上のもの。)
※支給申請書と完了報告書を提出できること。
※継続して事業実施できること。
※花の植栽及び維持管理ができること
(花や土、ごみ等の処分等を含む)。
※環境対策課が指定した日に花苗の受取ができること。
支給内容 花苗やプランター(花壇がない場合)を支給
【花苗支給目安】 
花壇:1㎡あたり上限25ポット(1回の申請につき500ポット)
プランター:1基あたり上限3ポット
【プランター支給目安】
1年度あたり上限100基まで
※応募状況により、希望する花の種類や花の数量どおりに支給できない場合がありますのでご了承ください。
支給花苗の種類 ・パンジー  ・ビオラ  ・キンセンカ  ・ノースポール  ・キンギョソウ 
※今回は上記5種類から希望する花苗を選んでください。
設置場所 道路、公園、広場等で大勢の人の目にふれることができる場所で管理者の承諾を得ていること。
【花壇の場合】10㎡以上の敷地
【プランターの場合】20基以上設置できる敷地
申請方法 環境対策課または各振興局地域振興課に支給申請書を提出して下さい。
※申請用紙は、環境対策課と各振興局地域振興課で配布しているほか、佐伯市公式ホームページからも印刷できます。
(実施箇所の写真が必要です。ただし、前期実施団体が前期と同じ箇所に花を植える場合は不要です。)
申請期間 平成28年8月15日(月)から9月15日(木)まで
支給期間 10月12日(水)以降、環境対策課が指定した日に順次支給します。
 
○問い合わせ先
〒876-8585 佐伯市中村南町1-1
佐伯市役所 環境対策課 環境企画係(本庁舎3階)
TEL:22-3995
FAX:22-3477
《申請用紙ダウンロード》
 
      ○ 要 綱(PDF)
      ○ 後期概要(PDF)
      ○ 申請書(Word)
      ○ 申請書記載例(PDF)
      ○ 完了報告書(Word
      ○ 変更申請書(Word)
      ○ 取りやめ届(Word)
 
  
佐伯市花のコンクール (応募受付終了)

美しいまちづくりの一環として、日頃、各地域で実践している花づくりの活動のコンクールを開催します。
皆さんが大事に育てた花の写真を募集します。
 
 <第5回佐伯市花のコンクール入賞作品(平成27年度)>
<第4回佐伯市花のコンクール入賞作品(平成27年度)>
<第3回佐伯市花のコンクール入賞作品(平成26年度)>
<第2回佐伯市花のコンクール入賞作品(平成26年度)>
<第1回 佐伯市花のコンクール入賞作品(平成25年度)>
 
  
◇応募部門
  と対象
1.団体部門 ・・・ 市内で活動する各種団体による花づくり
             場所:市内の道路、公園、緑地、河川、住宅地等 
2.個人部門 ・・・ 市内に居住している個人による花づくり
             場所:住宅の庭や周辺地域等(原則として通りからお花が見える場所)
3.学校部門 ・・・ 市内の幼稚園、小学校、中学校、高等学校等で行われる花づくり
             場所:校庭の花壇や周辺地域等
4.企業部門 ・・・ 市内にある会社や商店等の事業主や従業員による花づくり
             場所:市内の事務所、店舗、施設、工場等
◇応募方法 所定の用紙に必要事項を記入し、写真を貼って、下記の応募先へ提出又は郵送してください。
 *ご記入いただいた個人情報は、花のコンクール以外の目的で使用しません。
 *ご応募いただいた書類、写真等は返却しません。また、写真等を市の行事等でで展示
  させていただいたり、市報等で紹介させていただく場合がありますので、ご了承ください。
*写真は 平成28年 1月 から6月末 までに撮影 したもので、遠景・近景を 各2枚以内 とし、
  規格は カラー写真でL判サイズ とします。 ※L判サイズ 8.9 cm × 12.7 cm
  遠景 … 花壇全体の状況がわかるように撮影してください。
  近景 … 一つの花のアップではなく、花の配置がわかる距離で撮影して下さい。
*応募用紙は、環境対策課 及び 各振興局地域振興課 にて配布しています。
 こちらからもダウンロードできます。
◇募集期間 平成28年4月15日(金) ~ 6月30日(木)当日消印有効
◇審査方法 応募書類により、デザイン性、維持管理状況等によって選考します。
7月中旬に市役所1階にて応募作品の掲示を行い、市民の皆様からご評価をいただき、
その結果を踏まえて審査会にて決定します。
◇表  彰 最優秀賞 ・・・ 各部門 1点 賞状及び記念品
優秀賞 ・・・ 各部門 数点 賞状及び記念品
奨励賞 ・・・ 各部門 数点 賞状
花のコンクールの趣旨に賛同し、協賛していただける企業、団体を募集します。
協賛企業賞、協賛団体賞として、記念品を提供していただけることが条件となります。
詳しくは下記までお問い合わせください。
◇発  表 8月中旬頃に入賞者に通知し、後日、表彰式を行います。
※入賞した場合は市報やケーブルテレビ等で紹介する予定です。

申請用紙はこちら ↓ ↓ ↓
 
      ○ 応募要領(PDF)
      ○ 申請書(Word)
      ○ 申請書記載例(PDF)
      

 ◇応募・お問い合わせ先 
〒876-8585 佐伯市中村南町1-1 佐伯市役所 環境対策課
TEL:22-3995 FAX:22-3477
 
 
 
環境美化についての標語募集・功労者の推薦
   
 環境美化についての標語を募集します。また、地域の環境美化に貢献した個人や団体の推薦も
受け付けます。

 募集・受付期間  9月15日(木)~12月28日(水)


      ○ 募集要項(PDF)
      ○ 環境美化標語 応募用紙(Word)
      ○ 功労者 功績調書(Word)
     
 
  ◇応募・お問い合わせ先 
〒876-8585 佐伯市中村南町1-1 佐伯市役所 環境対策課
TEL:22-3995 FAX:22-3477
 
 
住宅用太陽光発電システム設置費補助金交付制度
   
 
 市では、市民によるクリーンエネルギーの利活用を進めることにより、地球規模での環境保全と環境に配慮した低炭素社会のまちづくりを推進することを目的として、住宅用太陽光発電システムの設置費に対し、その一部を補助します。
 
佐伯市住宅用太陽光発電システム設置費補助金は
平成26年度をもって終了しました。
    
 
 
 
 
佐伯市自然環境調査報告書
 
 佐伯市環境基本計画「さいき903エコプラン」に基づき、平成21年度から平成23年度までの3年間、第一次佐伯市自然環境調査が行われました。
 調査結果がまとまりましたのでお知らせします。
 
「第一次佐伯市自然環境調査報告書」
表紙・あいさつ・目次・第1章(概要)
第2章(地質)
第3章(植物)
第4章(哺乳動物)
第5章(鳥類)
第6章(両生類・爬虫類)
第7章(昆虫類)
第8章(貝類・海藻類)
第9章(魚類)
第10章(保全対策)、編集後記
 
「第二次佐伯市自然環境調査報告書」
表紙・目次
第1章(植物)
第2章(哺乳動物)
第3章(鳥類)
第4章(昆虫類)
第5章(水生動物)
編集後記
 
スズメバチにご注意を!
 
 夏から秋にかけては、蜂の数も増え、翌年の巣作りを担う新女王蜂を育てる期間で蜂が過敏になり、盛んに活動します。農作業や野外での活動の際は、注意しましょう。
 一般的には、スズメバチは危険だと思われますが、通常、巣を刺激しなければヒトを襲うことはありません。また、スズメバチは毛虫などの害虫を捕まえて食べるなど、わたしたちの生活にも役立っています。
 
●巣の特徴
 種類によって多少違いはありますが、ボール状のマーブル模様やうろこ模様で、巣の下側に小さい穴が1箇所あるものが典型的なものです。営巣場所は、生垣や軒下、天井裏などに多くみられます。また、山中などでは、木の洞や土手などにも巣を作ります。
 
●スズメバチに襲われないための予防策
・巣に近づかない
   蜂が飛んでいる場合は、近くに巣がある可能性がありますので、速やかにその場所から離れましょう。
・服装、匂いに注意
   野山に出かけるときは、長袖、長ズボンによる肌の保護が基本です。
   スズメバチは黒いものに向かってくる性質があるので、黒い色の服は控えましょう。
   また、匂いにも反応するので、強い香りのする香水やヘアスプレーも控えましょう。
 
●巣の駆除について
  市ではハチの駆除は行っておりませんので、土地の所有者か管理者が自らの責任で行ってください。
  市ではご自身で蜂の巣を駆除される方へ防護服の貸し出しを行っております。


                  ☆スズメバチ等駆除防護服貸出しについて☆←クリック
   
   ※巣の場所、大きさ等によっては駆除の際に危険を伴います。危険を感じたときは、速やかに駆除専門業者への依頼をおすすめします。
 
 
スズメバチ等駆除防護服貸出しについて
 
 毎年夏から秋にかけて、蜂の活動が活発になり、住民の皆様から宅地内等での蜂の巣駆除のご相談をいただきますが、市では蜂の巣駆除は行っておりません。
 蜂の巣の駆除につきましては、その土地の所有者または管理者の方にお願いしております。そこで、市で蜂の巣を安全に駆除していただくために防護服を貸し出します。
 
●防護服の貸出要領
【用途】 スズメバチ等の駆除に限る
【貸出対象者】 (1)営巣している建物又は土地(本市内に所在するものに限る。)の
  所有者又は管理者
(2)本市の自治会その他これに類すると市長が認める団体
(3)営巣場所(本市内に所在するものに限る。)の付近に居住する
  個人((1)に揚げる者を除く。)
【貸出期間】 原則として、駆除用防護服を受領した日の翌日から起算して2日
【貸出料】 無料
【貸出上の注意点】 目的外使用や又貸しは禁止です
【使用上の留意点】 (1)防護服は、あくまでも補助的機能をはたすものなので過信しないこと。
(2)はしご等を使用する高所作業などは、十分注意する。
(3)真夏の高温時作業等、長時間使用での脱水症状・熱中症には十分注意する。
 
※巣の場所・大きさ等によっては、個人での駆除は大変危険を伴います。危険を感じたときは、速やかに専門業者に依頼してください。
 
●要綱・申請様式
・防護服貸与要綱 〔PDFファイル/139KB〕
・防護服貸与申請書〔Wordファイル/30KB〕
 
 
 
スズメバチ等の駆除費を助成します
 
 市に登録された駆除業者に依頼してスズメバチ等の営巣(活動中のもの)を駆除した場合に、
支払った費用の一部を助成します。
 平成28年6月15日以降に駆除したものが対象となります。

 【対象者】
  ・スズメバチ等が営巣している建物又は土地(市内に限る)の所有者、使用者、管理者
   (※ただし、法人を除く)
  ・本市の自治会、その他これに類すると市長が認める団体
  ・スズメバチ等の営巣付近の本市内に居住する個人

 【申請に必要なもの】
  ・申請書兼請求書   ・領収書の写し
  ・駆除場所の位置図又は見取図
  ・駆除前及び駆除後の現況写真各1枚  
   ※写真撮影が困難場場所(例:土の中など)は、この限りではない。
  ・市税完納証明書(調査に同意する場合は、省略可)
  ・暴力団関係者ではない旨の誓約書
  ・その他市長が必要と認める書類

 【助成対象経費】
  ・登録駆除業者に委託して行ったスズメバチ等の営巣(活動中のものに限る)の駆除に
   要した経費

 【助成金額】
  ・駆除費用の2分の1の額(上限10,000円。100円未満は切捨て)

 【手続代行者】
  ・申請者は、助成金の申請及び請求等の手続きの代行を登録駆除業者に対して依頼
   することができます。

 【助成金の交付申請の時期】 
  ・ススメバチ等の営巣を駆除をした年度の3月1日まで。  
   (※予算がなくなり次第終了します。)
 
 【登録駆除業者】
業者名(登録順) 所 在 地  電話番号 
一般社団法人 困り事お助け協会 佐伯市内町1番11号
kirakuビル1F-101 
 0972-22-7722 
有限会社 害虫防除センター  佐伯市7166番地1   0972-23-4731 
 ハチの巣除去社「隆洋」 佐伯市大字鶴望5076番地4  0972-22-2895
 090-1921-1590
髙野一義  佐伯市大字稲垣121番地12   080-2727-1414 
蜂師大分  大分市賀来北1丁目2番25号   0120-96-8944
 090-7465-8226 
      ※料金等は業者により異なります。直接お問い合わせの上、条件に合う業者をお選びください。
 
 【登録駆除業者関係様式】
  ・登録申請書
  ・暴力団関係者でない旨の誓約書 

 【参考資料】
  ・佐伯市スズメバチ等駆除費補助金交付要綱
 
 
PM2.5(微小粒子状物質)にご注意ください
 
 工場のばい煙や自動車の排ガス等に含まれるPM2.5(微小粒子状物質)と呼ばれる物質の観測を佐伯市内1ヵ所(県南部振興局)で行っています。
 PM2.5濃度の上昇には、大陸からの越境大気汚染が影響していると言われており、黄砂の飛来とともに、佐伯市でも濃度が高くなる可能性があります。
 PM2.5濃度が基準値を超えた場合には、大分県から注意喚起が発令されますので、防災行政無線等で皆さまにお知らせします。
 なお、注意喚起の発令状況及び速報値については、大分県環境保全課のホームページをご覧ください。

 
 PM2.5注意喚起発令状況
 ●大気汚染状況速報値

  
   ※速報値については、参考値です。南部振興局(佐伯市)の欄をご確認ください。
 
≪問い合わせ先≫ 環境対策課 (電話 22-3956) ・ 南部保健所衛生課 (電話 22-0562)
大分県佐伯市公式ホームページ Saiki-city official web site
Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.