佐伯ナチュラル風土(Food)クッキング12月 本文へジャンプ
今月のナチュラル風土(Food)クッキングは、12月4日(日)に行われた『ホールフードフェスタin佐伯』の前に行われた、みそ作り教室の様子をご紹介します!

大豆作り
今年度の佐伯ナチュラル風土(Food)クッキングで地域おこし協力隊の鹿ちゃんこと 鹿野 翔さんが行ってきた、『大豆でみそを作ろう!』がいよいよ最終目標となるみそを作る日を迎えました!

この番組では畑の草刈作業から大豆の種まき、摘心作業等を紹介してきました!

今までの大豆作りの様子は鹿ちゃんのブログ『鹿ガ畑ニ居オリマス』でも紹介しています!
その他にも鹿ちゃんの有機野菜作りの活動も紹介していますのでブログをチェックしてみてください!

「鹿ガ畑ニ居リマス」ホームページアドレス : http:shikagaoru.exblog.jp/

みそ作り教室
今回は講師に糀屋本店の 浅利 良得さんを迎え、大豆作りに取り組んだ皆さんにも参加していただきました!


1.大豆を一晩水に浸け、圧力鍋で煮る。

2.大豆の水を切り、ビニール袋に入れ、つぶす。

3.つぶした大豆に麹と塩を混ぜ合わせる。

4.混ぜ合わせたものを団子状に丸める。

5.保存袋に空気が入らないように隙間なく入れ、
  毎日ひっくり返しながら暗く、涼しい場所で保存
  し、約2カ月ほどたてば完成です!

小さな子供たちも参加してくれて、とっても賑やかな楽しい教室となりました!


【今月のナビゲーター】
糀屋本店 10代目麹師
浅利 良得さん
糀やみそを作る傍らで、みそ作りなどの料理教室の講師としても活躍。
伝統の食文化を守り続ける発酵食品のエキスパート!

講師より一言
 みそ作りは簡単にできるし、何より自分で作った物なので、買ってきた
 物よりも思い入れ、そして味わい深さが全然違います。
 ぜひ、みそ作りに取り組んでもらえたらと思います。


番組よりお知らせ
番組開始当初から出演していた永野美知子さんが番組を卒業することになりました。
今まで番組を明るく楽しく盛上げてくれた永野さんがいなくなることは非常に残念ですが、今回でお別れとなります。
今までありがとうございました!


永野さんより一言
 この番組を通して、私自身も料理の勉強になりましたし、
 地元の食材を使って料理をすることの大切さ、地元の物を
 使って料理作ることでおいしくなるように感じました!
 これからもいろんな料理を通じて「食」の大切さを感じていきたい
 なと思います。
 みなさん今まで本当にありがとうございました!


そして、別れもあれば新しい出会いもあります!

今年の11月から食育推進・男女共同参画係に新しい仲間が増えました!

志内 亜紗美(しうち あさみ) 通称:あさみん

熊本県阿蘇郡出身 26歳
以前料理教室会社で働いており、栄養士の資格や料理教室講師の経験を活かして、佐伯市の特産品を生かした商品の掘り起こしや開発などの活動支援を行っています!


これからは鹿ちゃんとあさみんを中心に、佐伯の「食」をお届けしていきたいたいと思いますので、これからも「佐伯ナチュラル風土(Food)クッキング」をよろしくお願いいたします!



放送日程
 平成28年12月19日(月)〜12月25日(

 月曜日〜金曜日  6:30〜 8:30〜 10:30〜 12:30〜 14:30〜 16:30〜
18:30〜 20:30〜 22:30〜 23:30〜 0:30〜 2:30〜
 土・日曜日  8:30〜 12:30〜 16:30〜 20:30〜