佐伯市トップへ

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために

最終更新日:

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の「見解」要旨

2020年3月9日

<現在の日本の状況>

これまでに国内で感染が確認された方のうち、重症・軽症に関わらず約80%の方は他の人に感染させていません。1人の患者が感染させた人数も概ね1人程度で推移しています。その結果、急激なペースで感染者が増加している諸外国と比べて、感染者数の増加のスピードを抑えることにつながっています。3月9日時点での日本の状況は爆発的な感染拡大には進んでおらず、一定程度、持ちこたえているのではないかと考えます。


<今後の長期的な見通しについて>

今回、国内での流行をいったん抑制できたとしても、しばらくは、いつ再流行してもおかしくない状況が続くと見込まれます。また、世界的な流行が進展していることから、国外から感染が持ち込まれる事例も、今後、繰り返されるものと予想されます。


<みなさまにお願いしたいこと>

これまで、ライブハウス、スポーツジム、屋形船、立食パーティー等で集団感染が確認されています。これらの場所に共通する以下の3つの条件が同時に揃う場所や場面を予測し、できるだけ避ける行動をとってください。

  1. 密閉空間であり換気が悪い
  2. 手の届く距離に多くの人がいる
  3. 近距離での会話や発生がある 

 ※3つの条件が揃う場所がクラスター(集団)発生のリスクが高い


<クラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則>

 1.換気を励行する

  窓のある環境では、可能であれば2方向の窓を同時に開け、換気を励行します。

 2.人の密度を下げる

  人が多く集まる場合には、会場の広さを確保し、お互いの距離を1~2メートル程度開けるなどして、人の密度を減らす。

 3.近距離での会話や発声、高唱を避ける

  周囲の人が近距離で発声するような場を避けてください。やむを得ず近距離での会話が必要な場合には、自分が飛沫を飛ばさないよう、咳エチケットを行う。


詳しくは下記をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の見解」別ウィンドウで開きます(外部リンク)

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために(厚生労働省ホームページ)別ウィンドウで開きます(外部リンク)



このページに関する
お問い合わせは
(ID:3806)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.