佐伯市トップへ

新型コロナウイルス感染症に関連する廃棄物について

最終更新日:

家庭ごみを出すときに心がけること

 

ごみ袋はしっかり縛って封をしましょう

ごみ袋はしっかり縛って

ごみが散乱せず、収集運搬作業においてごみ袋を運びやすくなります。

ごみ袋の空気を抜いて出しましょう

空気を抜いて出しましょう

収集運搬作業においてごみ袋を運びやすくし、収集車での破裂を防止できます。

生ごみは水切りをしましょう

生ごみは水切りをしましょう

ごみの量を減らすことができます。

新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方やその疑いのある方などがご家庭にいらっしゃる場合

鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際は,「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけましょう。

ごみの捨て方(1)

(1)ごみ箱にごみ袋をかぶせます。

いっぱいになる前に早めに(2)のとおりごみ袋をしばって封をしましょう。

ごみの捨て方2

(2)マスク等のごみに直接触れることがないようしっかりしばります。

※万一、ごみが袋の外に触れた場合は、二重にごみ袋に入れてください。

ごみの捨て方3

(3)ごみを捨てた後は石鹸を使って、流水で手をよく洗いましょう。


 

飲食用ビン・カン・ペットボトルの捨て方

ビン・カン・ペットボトルの出し方

資源ごみ(飲食用ビン・カン・ペットボトル)はふた、キャップ、ラベルを分別して中身を空にして水で洗って庭内で一週間ほど置いてから収集日に集積所に出してください。

以上の点に気を付けてごみを出していただくことが、ご家族にとっても、ごみを収集・処理する作業員にとっても、ごみの円滑・安全な収集・処理を行う上で大切な行動です。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


廃棄物処理における新型コロナウイルス感染症対策に関するQ&A(家庭向け)別ウィンドウで開きます(外部リンク)


医療関係機関や,その廃棄物を取り扱うみなさまへ

 新型コロナウイルスに係る感染性廃棄物も,他の感染性廃棄物と同様に処理可能です。


廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル別ウィンドウで開きます(外部リンク)」に沿って処理してください。

 消毒して再利用できるもの(リネン類など)はむやみに廃棄せず,廃棄物の減量化に心がけましょう。

 感染性廃棄物は,その種類や性状に応じて適切な容器に梱包しましょう。

 廃棄物処理における新型コロナウイルス感染症対策に関するQ&A(医療関係機関等向け)別ウィンドウで開きます(外部リンク)


ごみの収集運搬作業をされるみなさまへ

 収集運搬作業前には「健康管理・体調把握の実施」、作業中は「素手で触らない」、休憩中は「3つの密の回避」、作業後は「消毒・洗浄の徹底」といった対策を実施しましょう。

   廃棄物処理における新型コロナウイルス感染症対策に関するQ&A(廃棄物処理を行う方向け)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

      【新型コロナ対策】廃棄物の収集運搬作業時における留意点別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:4260)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.