佐伯市トップへ

高収益作物次期作支援交付金(国事業)について

最終更新日:

【農業者の皆様へ】高収益作物次期作支援交付金(国事業)について

 

【対象者】 以下の2つの項目を満たす方

・令和2年2月から4月の間に「野菜、花き、果樹、茶」について、出荷実績がある生産者又は 廃棄等により出荷できなかった生産者

・収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入していること、または加入を検討する生産者

※詳細の内容は、下記 農林水産省ホームページへhttps://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/jikisaku.html

 【支援内容】

 ※新型コロナウイルス感染症の発生により、売上げが減少する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)について、国が次期作に前向きに取り組む生産者の支援を行うものです。

 「要件」次の取組のうち同一ほ場で2つ以上を実施すること 等

   ア、生産・流通コストの削減に資する取組    

 イ、生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組 

   ウ、土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組 

 エ、作業環境の改善に資する取組 

   オ、事業継続計画の策定の取組

   1【交付単価】10a当たり5.5万円

   2【施設栽培の花き、大葉 及び わさび交付単価】    10a当たり80万円

   3【施設栽培のマンゴー、おうとう 及び ぶどう交付単価】10a当たり25万円

   〇2、3対象施設 加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設(いわゆる雨よけハウスは除きます。)

  ※新たな品種や新技術の導入等の取組支援(次の取組のうち1つ以上)

          ア、新たに直販等を行うためのホームページ等の環境整備

   イ、新品種・新技術導入等に向けた取組

   ウ、海外の残留農薬基準への対応、または有機農業、GAP等の取組

    【交付単価】10a当たり2.2万円×取組数

  ※厳選出荷に取り組む生産者への支援

    【対象品目】花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう 及び ぶどう

    【交付単価】1人・1日あたり2,200円

 

【申請に必要な書類】

 ・交付申請書 及び 取組計画書(窓口で取得できます)

   申請書(様式6-1)        申請書(様式第6-1)(エクセル:14.6キロバイト) 別ウインドウで開きます

   取組計画書(様式6-2) 取組計画書(様式第6-2)(エクセル:31.6キロバイト) 別ウインドウで開きます

           面積整理表                    面積整理表(エクセル:26.6キロバイト) 別ウインドウで開きます

  ・印鑑(認印)

 ・申請時に作付する農地の地番、面積を記入してもらいます

 (JA以外の申請者)

  ・令和2年2月から4月までに対象品目の出荷実績が確認できる書類(出荷伝票等)

   ※今年産を廃棄している場合は、前年産の出荷実績 及び 廃棄理由書 等

 

 【申請に関する問い合わせ先】

 (JA組合員・JAへ出荷している方) 

  「野菜・花き」JAおおいた南部事業部 園芸課 電話46-2111

  「茶」    JAおおいた南部事業部 農畜産課     〃

  「果樹」   県南柑橘選果場     電話(0972)82-1717

 (上記以外の方)

          佐伯市農業再生協議会(農政課内)電話22-3113

(注意)国が随時、公募を行う予定です。また、国による審査等がありますので、全てが承認されるものではありませんのでご了承ください。


このページに関する
お問い合わせは
(ID:4330)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.