佐伯市トップへ

新型コロナウイルス感染症ワクチン予防接種のお知らせ

最終更新日:

新型コロナウイルス感染症ワクチン予防接種について

新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者を減らし、そのために必要な医療の確保と感染拡大防止を目的として、全国一斉のワクチン予防接種が開始される予定です。佐伯市においても、国が示すスケジュールにあわせてワクチン予防接種が可能となるよう関係医療機関等と協力して準備を進めています。 今後、有効で安全なワクチンが供給され次第、新型コロナウイルスワクチン予防接種を実施していく予定です。

具体的な接種開始時期や接種場所等が決まり次第、市報やホームページで随時お知らせします。

接種対象者へは、順次、接種券が送付される予定です。


接種対象者

 佐伯市に住民票がある人(予防接種日時点で満16歳以上の人)

 ただし、長期間入院又は入所している方等、やむを得ない事情がある場合には、例外的に佐伯市以外の市町村で接種を受けることができます。詳細な手続きは、今後お知らせいたします。

接種順位

 65歳以上の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた人)から開始し、接種対象者を段階的に拡げていく見込み

接種時期

 4月以降の見込み(変更あり)

接種回数

 2回接種の予定(3週間間隔をあける必要あり)

接種費用

 無料

接種場所

 予防接種を受けることができる医療機関や接種会場、予約方法については決まり次第、市報・ホームページ・ケーブルテレビ文字放送等でお知らせします。

接種券の発送

 高齢者(令和3年度中に65歳以上になる人(昭和32年4月1日以前に生まれた人))の接種券については、4月以降で郵送予定。高齢者以外の人の接種券の郵送については、現在未定です。接種券はワクチン予防接種が開始するまで大切に保管してください。

  • イラスト4


ワクチン予防接種に関する同意

 ワクチン予防接種は強制ではありません。一般的に予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、予防接種が行われることはありません。ワクチン予防接種後に健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障がい者年金等の給付)を受けることができます。詳細は、厚生労働省ホームページでご確認ください。

 厚生労働省  予防接種健康被害救済制度について別ウィンドウで開きます(外部リンク)

相談・コールセンターの設置

 相談やワクチン予防接種予約のためのコールセンターを佐伯市でも設置する予定です。開設は3月下旬を予定しています。

 新型コロナウイルスワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口が2月15日から開設されました。
   電話番号 0120-761-770 (フリーダイヤル)
   受付時間 9時から21時 (土日・祝日も実施)

詐欺にご注意

 新型コロナウイルスワクチンに関する特殊詐欺に繋がる不審な電話が確認されています。ワクチン予防接種に「予約金」などの費用がかかることはありませんのでご注意ください。

新型コロナウイルス感染症ワクチン予防接種に関する詳細

 首相官邸   新型コロナワクチンについて(外部リンク)
 厚生労働省  新型コロナワクチン接種についてのお知らせ別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 厚生労働省  新型コロナワクチンについてのQ&A別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 ※スケジュール等は国の方針により変更される場合があります。厚生労働省ホームページ等で最新の情報をご確認ください。



このページに関する
お問い合わせは
(ID:4987)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.