佐伯市トップへ

貯水槽水道設置のみなさまへ

最終更新日:

飲料水は、適正な維持管理が行われていなければ、清浄で安全な水の確保ができません。
貯水槽を持つ、ビル・マンション・事務所・学校・病院などの給水施設の設置者は、飲料水等による健康被害を未然に防止するために、定期的に貯水槽の清掃と点検等の管理をする必要があります。


1.貯水槽の定義

 受水槽の有効容量によって、以下のように分類されます。

 
名称受水槽の有効容量
簡易専用水道10立方メートルを超えるもの年1回以上、厚生労働大臣登録検査機関による検査を受けなければならない
小規模簡易専用水道10立方メートル以下のもの年1回以上、保守点検を実施しなければならない

 

 

2.貯水槽の管理基準

  貯水槽水道においては、次のような管理基準が定められています。


(1)保守点検 

別表の左欄に掲げる項目ごとにそれぞれ同表の中欄に掲げる回数により保守点検を実施し、欠陥を発見したときは、速やかに改善の措置を講ずること。

 (別表)

点検項目

回数

主な点検内容

1 水槽


1

周囲は清潔か。油類、汚物等は置いていないか。亀裂はないか。漏水はしていないか。水中、水面及び槽内部に汚泥、鉄さび等の沈殿物や浮遊物質はないか。

2 マンホール


1

防水密閉型のものか。施錠はあるか。破損していないか。マンホール面が槽上面より立ち上がっているか。

3 オーバーフロー通気管


1

防虫網は付いているか。網が破れて衛生害虫、ごみ等が侵入することはないか。詰まりはないか。

4 揚水ポンプ

1


圧力及び電流は定格か。潤滑油は切れていないか。水漏れはないか。

5 揚水ポンプ自動運転装置

1


正常に作動しているか。

6 ボールタップ

1


正常に作動するか。水漏れはないか。

7 満減水警報装置

1


正常に作動するか。

8 フロートスイッチ

1


正常に作動するか。

9 フート弁(消火ポンプ)


1

飲料用水槽への漏れはないか。

10 高置水槽接続消火用水管


1

末端開閉弁を開き放水し、新鮮水を入れているか。

11 止水弁


1

必要なときに完全に開閉できるか。

12 逆止弁


1

消火ポンプのテストで正常に作動するか。

13 給水管


1

クロスコネクションはないか。

14 塩素消毒設備

1


薬液はあるか。正常に注入されているか。

 


(2)水質管理 

給水栓における水に異常な臭気、味、色及び濁りが認められないようにし、遊離残留塩素が1リットル当たり0.1ミリグラム(結合残留塩素の場合は0.4ミリグラム)以上認められるように管理すること。

       異常を認めたときは、必要な事項について水質検査を受けてください。

  検査機関から上下水道部に報告するよう助言を受けた場合は直ちに報告してください



(3)水槽の清掃 

貯水の水質保全及び衛生確保を図るため、毎年1回定期的に行うこと。



3.各種届出について

 
簡易専用水道設置届
簡易専用水道設置届記載事項変更届
簡易専用水道廃止届
小規模簡易専用水道設置届
小規模簡易専用水道設置届記載事項変更届
小規模簡易専用水道廃止届

 








このページに関する
お問い合わせは
(ID:5166)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.