佐伯市トップへ

【第3期および第4期】飲食店向け時短要請協力金(大分県からのお知らせ)

最終更新日:

時短要請の内容

■時短営業要請期間

≪第3期≫ 令和3年8月20日(金曜日) 午前0時 ~ 令和3年9月12日(日曜日) 午後12時 (24日間)

やむを得ない事情がある場合は、8月23日(月曜日)から

≪第4期≫ 令和3年9月13日(月曜日) 午前0時 ~ 令和3年9月26日(日曜日) 午後12時 (14日間)

※やむを得ない事情がある場合は、9月15日(水曜日)から


■要請の内容

・営業時間を午前5時から午後9時までの間としてください。

・酒類提供時間を午前11時からとし、酒類のオーダーストップは午後8時までとしてください。


■対象施設

飲食店営業許可・喫茶店営業許可を受けた飲食店・遊興施設 等


時短要請協力金



■給付要件

・通常時において、午後21時から午前5時までの時間帯に営業を行っていること

・要請期間中において、時短要請に応じていない日がないこと

・業種別ガイドラインを遵守していること

・お客様に「マスク会食」の呼びかけを行うこと


■給付金額

1日あたり給付額 × 時短要請に応じた日数 = 給付金額

<1日当たりの給付額の算出方法> 

1日当たり売上高
(「令和元年または2年の飲食部門8・9月売上高」÷61日)

1日当たり給付額
8万3,333円以下2万5,000円
8万3,333円超~25万円未満1日当たり売上高の3割
25万円以上7万5,000円

 ※この他にも算出方法あり 


■申請期間 

 ≪第3期≫ 令和3年9月13日(月曜日) ~ 令和3年10月12日(火曜日)

≪第4期≫ 令和3年10月1日(金曜日) ~ 令和3年10月29日(金曜日)


■申請書類

1.大分県営業時間短縮要請協力金申請書

2.代表者本人確認書類の写し

3.営業時間短縮または休業の状況が分かる写真、資料等

4.通帳等の写し

5-1.確定申告書の写し ※下限額の2.5万円で申請する場合は提出不要

5-2.売上台帳等の写し ※下限額の2.5万円で申請する場合は提出不要


協力金の申請をお考えの方は、次の例のようなお知らせを店頭に掲示し、それを写真に記録しておく必要があります。


お問い合わせ

申請方法や、様式のダウンロード等、詳しくは大分県ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧になるか、下記連絡先までお問い合わせください。

・大分県時短要請協力金事務局

 電話番号: 050-6868-9518

 受付時間: 9時00分から18時00分まで(土日祝除く)


このページに関する
お問い合わせは
(ID:5250)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.