佐伯市歴史資料館トップへ

体験教室「古代のまが玉をつくろう!~目指せ!たまつくりべ~」を開催しました!

最終更新日:

 11月23日(水曜日)に旧三余館にて、
佐伯市歴史資料館歴史体験教室「古代のまが玉をつくろう!~目指せ!たまつくりべ~」
を開催しました。

まず、弥生上小倉地区で見つかった本物のまが玉を見ながら、
制作方法や材質、何のために作るのか、などを解説しました。

その後、資料館サポーターの方と一緒に、
柔らかく加工しやすい高ろう石でまが玉を作りました。

作り終えた後に、本来のまが玉の材質の一つである
メノウの原石を削る体験も行い、メノウの硬さと当時の作業の大変さを感じることができました。

参加者の方々からは、
「けずり方によって、形が変わるのが面白かった」や
「古代の人はどうやってまが玉をけずったのか気になった」などの感想が寄せられ、
まが玉づくりの楽しさや作る事の難しさ、まが玉を持つ事の意味など、様々な関心を持っていただきました。

参加された方々は、きれいなまが玉を作ろうと、熱中して終了時間寸前まで磨いていました。
皆さん立派な「たまつくりべ」です!

御参加いただきありがとうございました。

※「たまつくりべ」とは、古代にまが玉等を作り、朝廷に収めた職能集団のことです。

  • DSC_0025

    けずり方の説明中

  • DSC_0030

    熱心にけずっています

  • DSC_0031

    出来栄えはどうかな?



このページに関する
お問い合わせは
(ID:7428)
佐伯市歴史資料館 Saiki City Historical Museum
〒876-0831 大分県佐伯市大手町1丁目2番25号
TEL:0972-22-0700 FAX: 0972-22-0701

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.