佐伯市エコパークトップへ

祖母・傾・大崩ユネスコエコパークについて

最終更新日:


  • 二県六市町交流キャンプ

    二県六市町交流キャンプの様子

  • 春祭り

    さいき春まつりにてステージ上でのPRの様子


 祖母・傾・大崩ユネスコエコパークは、2017年6月14日に国内8番目(9番目と同時登録)のエコパークとしてユネスコに登録されました。

 佐伯市のみならず、二県六市町(大分県・宮崎県・佐伯市・豊後大野市・竹田市・延岡市・日之影町・高千穂町)という広大な範囲の登録エリアにおいて、各自治体が協同して当エコパークについて取り組んでいます。

 特に『祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク推進協議会(以降、両県協議会)』が、中心的な存在になっています。

 両県協議会の取り組みとしては、さいき春まつりのようなイベントでのPR活動のほか、六市町の小学生児童の交流キャンプや、普及啓発グッズを制作して配布、10年後の再登録(エコパークは10年ごとに登録継続可否の審査があります)に向けての学術的調査研究など、幅広く活動しております。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:3755)
佐伯市
佐伯市役所 地域振興部 エコパーク推進室(宇目振興局内)

〒879-3205大分県佐伯市宇目大字千束1060-1
TEL :0972-25-4118

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.