佐伯市トップへ

特定健診・特定保健指導

最終更新日:
平成20年度から、それぞれが加入する医療保険者(国民健康保険、健康保険組合など)が、「特定健康診査(特定健診)」を実施しています。特定健診を受けた結果、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)またはその予備群と判定された人を対象に、「特定保健指導」を実施します。
特定健診の案内は、各医療保険者が送付しますので、その案内に従って受けてください。なお、受診の際は、保険証と健診受診券を忘れずにお持ちください。

特定健診は自分の体の状態を知る唯一の大切な健診です。
年1回受診し、体の状態を確認することをお勧めします。

特定健診のお知らせは、健康ガイドをはじめ市報やケーブルテレビなどで随時行いますので、ご覧ください。

◇目的
特定健診は、生活習慣病(高血圧症、糖尿病、脂質異常症、肥満症など)になる前の段階で異常を発見し、生活習慣の改善などで生活習慣病を発症させない、また発症しても重症化させないことを目的としています。生活習慣病は、はじめのうちはまったく自覚症状がありません。たとえば、糖尿病になる前の「血糖値が、高めですね。」という段階で発見し、少し生活習慣に気をつけることで糖尿病になるのを未然に防ぐことが、特定健診の目的です。
自分の将来のために、早い段階から生活習慣病の芽を摘み取り、生涯にわたりQOL(Quority of life)の維持に努めていくことが重要です。

 健診の受け方(PDF:3.19メガバイト) 別ウインドウで開きます

  令和2年度の住民健診について別ウィンドウで開きます


◇検査項目

  • 身体測定(腹囲測定を含む)
  • 血圧測定
  • 尿検査
  • 血液検査(肝機能、血中脂質、血糖)
  • 医師の診察
  • ※詳細検査…貧血・心電図・眼底(該当になった方のみ)


◇特定健診でわかること
特定健診を受診することで、自らの生活習慣病のリスク(動脈硬化の危険因子)の保有状況がわかります。具体的には、内臓脂肪の蓄積、血管内皮の障害、インスリン抵抗性、腎臓の機能など、さらには、血管の変化などもわかります。全身をめぐる血管の動脈硬化の状況を見ていくことで、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)や心臓病(心筋梗塞・狭心症)、糖尿病の合併症や慢性腎臓病からひきおこされる人工透析といった、生活に影響の出る健康障害を引き起こす危険度がどの程度かがわかります。     

 どんなことがわかるの?(PDF:31.1キロバイト) 別ウインドウで開きます


◇特定保健指導
特定保健指導とは、特定健診の結果により健康の保持に努める必要がある方に、佐伯市の保健師や管理栄養士、または健診センターの保健師が、対象者ご本人が自分の生活習慣の改善点・伸ばすべき行動等に気づき、自ら目標を設定し行動に移すことができるよう相談・支援に応じます。無理をせず、小さな努力を長く続けることが健診結果の改善へとつながります。




           


このページに関する
お問い合わせは
(ID:2139)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.