佐伯市トップへ

改葬許可について

最終更新日:

改葬について

一度埋葬された死体や、埋蔵されている焼骨を他の墳墓に移すことを改葬といい、その手続は「墓地、埋葬等に関する法律(以下「墓地埋葬法」と記載。)に定められています。
墓地埋葬法は、国民の宗教的感情の尊重と公衆衛生の確保の見地から定められたものであるため、改葬についても許可制とされており、許可された墓地以外への埋葬もしくは埋蔵を禁止しています。
※注 「埋葬」とは、死体を土中に入れること。通称「土葬」。(99%以上が火葬。)

改葬許可申請の手続き

現在、お骨の入っている墓地(納骨堂)の市町村長に対し許可申請を行うこととされていますので、佐伯市内に存在するお墓に関する改葬許可申請は、佐伯市で受け付けます。【佐伯市内での移転も対象】

  1. 改葬許可申請書に、必要事項を記入し押印する。
  2. 現在の墓地(納骨堂)の墓地管理者から、納骨の証明欄に記名・押印をもらう。
  3. 移転先の墓地(納骨堂)の受入証明書(契約書のコピー等)を入手する。
    ※申請者が墓地使用者と違う場合は、承諾書も必要。
  4. 改葬許可申請書と添付書類を市役所に提出し、改葬許可書を受領する
  5. 現在の墓地(納骨堂)の墓地管理者に、改葬許可証を見せ、お骨を取り出す。
  6. 新しく納骨する墓地の管理者に、改葬許可証を提出した後、納骨する。

改葬許可申請時の留意事項

  1. 死亡者の本籍、氏名等欄の記載について 〔不明時は戸籍謄本等で確認してください。〕
  2. 申請者欄の記載について
    〔墓地使用者であれば、「本人」となります。〕 ◆本人以外の場合は、必ず承諾書を添付してください。
  3. 埋葬(埋蔵・収蔵)事実証明欄の確認
    〔現在の墓地(納骨堂)の管理者等から、事実証明を受けてください。〕
    ※例 (1)個人墓地の場合 ⇒ 個人(土地所有者等)が証明する。(現在の墓地の写真を添付。)(2)地縁墓地の場合 ⇒ 区長が証明する。(3)不明な場合 ⇒ 寺院の過去帳で死亡者が判明できれば、寺院の証明でも可。立会・現地確認が出来れば、市長名でも証明可。
  4. 移転先の受け入れ証明書の確認
    〔移転先の受入について確認できる書類(受入証明書等)を、必ず添付してください。〕
    ※例 (1)墓地永代使用契約書の写し、(2)墓所使用許可証の写し

改葬許可Q&A

Q.改葬許可書はどこで発行していますか?
A.現在、遺骨がある墓地・納骨堂等の所在する市町村長が発行します。佐伯市の場合は佐伯市環境対策課、もしくは各振興局です。

Q.改葬許可申請書の記入の仕方はどうすればよいですか?
A.改葬許可申請書記入例を参考にしてください。現在、遺骨がある墓地・納骨堂等の管理者から、申請書の下欄に証明を受けてください。

Q.改葬許可証をどうすればよいですか?
A.遺骨を新しく入れる墓地・納骨堂等の管理者に必ず渡してください。(墓地台帳・過去帳等作成のため)

様式ダウンロード

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2254)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.