佐伯市トップへ

死亡者名義の不動産について

最終更新日:

相続人代表者届出書について

 死亡者名義の不動産にかかる固定資産税につきましては、相続登記を行うまではその不動産は相続人全員が所有者となり、納税などの義務も引き継がれますので、死亡者名義の不動産がある場合は速やかに相続登記をお願いします。

 相続登記までの間は、固定資産税(未登記家屋含む)の賦課徴収及び還付に関する納税通知等の書類を受け取る「相続人代表者届出書」を提出する必要があり、相続人になった時期によって提出する相続人代表者届出書の種類が変わります。
 ※令和2年3月31日までに相続人になった場合は「固定資産税納税義務者及び相続人代表者届出書別ウィンドウで開きます」を
  令和2年4月1日以降に相続人になった場合は「相続人代表者届出書及び固定資産現所有者申告書別ウィンドウで開きます」を提出してください。


 なお、令和2年4月1日以降に相続人となった人は、所有者であることの申告(相続人代表者届出書の提出)を行わない場合、10万円以下の過料が課されます。

相続人(所有者)がいないか不明である不動産について

 令和3年度分から所有者が死亡していて、相続人(現所有者)がいないか不明である不動産を使用している人がいる場合、使用者にお知らせの上、課税するようになりました。

詳細につきましては、課税課、固定資産税係までご連絡ください。


様式ダウンロード


このページに関する
お問い合わせは
(ID:4062)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.