佐伯市トップへ

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)にご注意ください

最終更新日:

1 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

 重症熱性血小板減少症候群(SFTS:Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome)は主にウイルスを保有しているマダニに人が咬まれることにより感染するダニ媒介性の感染症です。
 6~14日の潜伏期間ののち、発熱や消化器症状(嘔吐、腹痛、下痢など)を主な症状としており、致死率は10~30%と言われています。


2 感染経路について

 SFTSは犬や猫にも感染すると言われており、SFTSに感染した犬や猫に咬まれる等した場合に人に感染する可能性もあります。
 SFTSの感染源となるマダニは通常家の中には生息していません。しかし、室内飼いのペットでも散歩の時に森や茂み、河川敷などに行くことでペットにマダニが付着する可能性もあります。
 マダニの付着を防止するために、ペット用のダニ駆除剤などで予防をおこなったり、散歩後にペットの体の表面をチェックすることで感染リスクを減らすことができます。
 また、ペットとの過剰な触れあい(口移しで食べ物を与える、一緒の布団で寝るなど)は避け、ペットを触ったあとはしっかり手を洗うことが大切です。


3 ペットにマダニが付着しているのを見つけたら

 マダニが犬や猫の体の表面にしっかりと食い込んでいる場合は、無理に取ろうとせず、動物病院にご相談下さい。
 無理にマダニを取ると、マダニの口の部分が動物の体に残り、化膿したり、マダニの体液が動物に流入してしまうことがあります。
 また、取り除いたマダニに人が咬まれるとSFTSに感染する可能性がありますので注意が必要です。


4 大分県でも発生事例があります

 過去には大分県でも発生した事例があります。十分ご注意ください。

 参考:山口県感染症情報センター

 http://kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp/jyoho/page9/sfts_1.php

 


 詳細については下記リンク先を参照ください。

 大分県ホームページ

 https://www.pref.oita.jp/site/doubutuaigo/20211224.html

 厚生労働省ホームページ

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html

 国立感染症研究所ホームページ

 https://www.niid.go.jp/niid/ja/allarticles/surveillance/2467-iasr/related-articles/related-articles-473月89日87-473r05.html


【お問い合わせ先】

〈健康に関する相談〉
 大分県南部保健所
 〒876-0844 佐伯市向島一丁目4-1
  TEL: 0972-22-0562
  FAX: 0972-25-0206

〈ペットに関する相談〉
 大分県動物愛護センター
 〒870-1201 大分市大字廻栖野3231-47
 TEL 097-588-1122
 FAX 097-588-2211

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6017)
佐伯市

法人番号 2000020442054
〒876-8585  大分県佐伯市中村南町1-1  
電話番号:0972-22-3111(代表)0972-22-3111(代表)   ファックス:0972-22-3124(代表)  

Copyright(C) City of Saiki,All rights reserved.